2017年1月30日(月)  啓明塾の基本方針 〜手取り足取りはいたしません〜

 新年度を2か月後に控え、塾選びも活発になっているのか、お問い合わせの電話を頻繁にいただくようになりました。様々なご質問を頂くのですが、その中で割と多いのが「わからないところ、覚えていないところはわかるまで、覚えるまでやっていただけるのですか?」という趣旨のものです。

 

 結論から申し上げますと、啓明塾(特に本科・Sophia)ではそのような手取り足取りの指導はいたしません。ただし、やるべきことの指示、正しい勉強法は全てお伝えします。その通りきっちり実行していただければまず間違いなく成績は上がります。万一きっちり実行しているにもかかわらず成果が上がらない生徒については別の処方を考えて生徒に示します。指示通り学習しない生徒については、その旨指摘し、必要な指示と正しい勉強法を示し続けますが、そのような生徒につきっきりで教え込んで目先の点数だけを上げるような指導はいたしません。

 

 理由は単純で、それが中長期的に見て本人のためにならない(もちろん学力の向上にもつながらない)と考えるからです。

 

 私は、生徒達を指導し鍛え、最終的には「自分の力で書物で勉強できる」ように育てることを一番の目標に置いています。「教えなくてもできる」のが最上、「教えてできる」のがその次と考えているのです。つまり生徒指導においては「教える」ことは少なければ少ないほどよく、自分の手を動かし、頭を使う部分が多ければ多いほどよい。

 

 しかし、当然入塾当初の生徒の大半はそこから程遠い状態です。そこで、指導を進める中で、彼らが自分で学習をすすめていくことができるように導いていく必要があるのですが、私は「〇〇力」というのは「〇〇」を繰り返すことでしか身につかないと考えています。「集中力」は「集中」する時間を多く経験することでしか身につきません。「判断力」は必要に迫られる場面で「判断」を繰りかえることでしか磨かれません。「計算力」は「計算」を繰り返すことで徐々に向上します。ですから、「自分で学習を進めていく力」と身に着けるためには、目先遠回りに見えても「自分の意志で学習に取り組み、自分の頭で考え抜く」経験を繰り返し積む必要があるのです。手取り足取りの指導はその妨げとなり、依存体質を醸成することにつながる危険さえあると考えていまず。

 

 以上のことより、啓明塾では「手取り足取り」指導は採用しておりません。ただ、毎週の確認テストで理解度を確かめ、一定水準に達していない場合は追試を実施するなどの仕組みはありますので、成績を上げたいという気持ちを持ってやるべきことを確実にこなしている生徒は、結果的に「できるまでみてもらえる」状態にはなるのですが‥‥。それでも「手取り足取り」の指導をご希望の方は、啓明塾の指導方針とは合わないと思われますので、別塾をお探しになるのがよいかと考えます。