2015年2月12日(木)  塾長鈴木の最終結論の続き

 1年前の投稿では「大手塾のスタイルと個人塾のスタイルのどちらを目指すのか」という問いで終わっていました。啓明塾としては個人塾としての魅力をとことん追求してみたいと考えています。

 大手塾のカリキュラムは一言でいえば「合理的」。過去の入試傾向を分析しカリキュラムをがっちり固め、合格までの最短ルートへと生徒を導きます。また、研修も頻繁でどの講師も「同じようなレベルで」教えられるように鍛えられます。ですので、大手塾へ入るととんでもないハズレ講師に出くわすリスクは低いと思いますし、知識のインプットという側面からは大手塾は非常に効率が良いと思います。自分が大手塾のような展開を考えるならば、やはり同じような手法を採るでしょう(というか、この手法でないと大きな集団でのレベル維持ははかれない)。

 もし、塾の力(指導力・実績・場の持つ空気感など)に点数のようなものを付けられるとするならば、大手塾(個別指導塾は除く)の点数の「平均値」は個人塾の点数の「平均値」を大きく上回っていると思っています。これは今まで数多くの塾を見てきた率直な感想です。

 ただ、この点数で「最高点」を叩きだすのも、上位を占めるのも絶対に一部の個人塾だろうな、ということも確信しています。「合理性」では説明できない、たとえば「熱」「思い」「こだわり」「使命感」などをビシビシ感じられ、「この人、いつ休んではるんやろ?」と思うくらい、常に指導のことを考え、行動し、謙虚に反省し、常にカリキュラムを改良し続ける‥‥そんな塾です。たぶん、大儲けはしてないんやろうな、とは容易に察しがつきますが、それでも私はそういう塾に強烈に惹かれます。一生涯かけて、「最高点」を出せる塾を目指したいと思うのです。

 大過なく塾を選ぶのであれば、広告でいつも目にするような「大手塾」を選択するのが無難なのだと思います。本人の力を十二分に引出し、人生に強烈な良い影響を与えてくれるような「凄い」個人塾はよく探さないとなかなか見つからないものなのでしょう。それでも自分の子供を預けるとすれば、手間かけて探し出してでもそういう塾に預けてみたいですし、できればこの塾もそうやって探し出されて選ばれるような塾にしていきたいと思っています。